温活

不定愁訴は低体温が原因?温活で体の調子を整えよう

不定诉是体温过低引起的吗? 通过温暖来保持身心健康

#不定愁訴には温活#低体温はキケン#掛川温活#お灸で温活#灸Style掛川本院 「体がだるい」、「すぐに足が冷えてしまう」 これらの症状は、低体温からくる不定愁訴の可能性があります。 このような体の不調に効果的なのが「温活」! 今回は、低体温解消に繋がる温活について詳しくご紹介していきます。 ☆低体温は、万病のもと☆ 「低体温」とは、体温が36度未満の場合を指します。36度以下になってしまうと、低体温で体が冷えてしまい、血行が悪くなります。それに伴い、コリやむくみ、だるさ、便秘、頭痛、不眠、免疫力の低下などが引き起こされることも。 体がずっと低体温の状態だと、「体質だから仕方がない」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、低体温は日頃の生活習慣が深く関わっています。体の状態を根本から整えていくために、低体温を解消することはとても大切です。ぜひ、温活を取り入れて体の内側から元気にしていきましょう! ☆不定愁訴(ふていしゅうそ)とは?☆ 「不定愁訴」というのは、病気ではないけれど原因が分からないあらゆる体の不調のこと。その症状は頭痛、口内炎がよくできる、鼻水、足が冷える、生理不順など多岐にわたります。 これらの症状では、鎮静剤や漢方薬を処方されるケースもありますが、原因の分からない体の不調に対して、適切か分からない治療法をしても効果が得られない可能性があります。もし症状を見誤っていた場合、かえって症状を悪化させることもあるのです。 さらに、この不定愁訴は低体温だと起こりやすくなります。不定愁訴のような症状に悩んでいて体温が36度以下の低体温の方は、温活をすることで症状が和らぐこともケースも多いですよ。 ☆温活で、低体温や不定愁訴を解消しよう☆ ここからは、低体温の方におすすめの温活をご紹介していきます!今日から取り入れられることばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。 ①お腹を温める 便秘がある方や生理痛が重い方は、内臓が冷えている可能性があります。このような場合は腹巻やホッカイロなどでお腹を温めることで調子が良くなります。 ②ゆっくり入浴する 毎日シャワーという方は、湯船に浸かる習慣に切り替えるのもおすすめです。入浴は体を芯まで温め、血行を良くしてくれます。入浴剤などを入れるとリラックス効果も高まりますよ! ③運動 日頃体を動かしていない方は、適度な運動を温活に取り入れましょう。体を動かすと、毛細血管が広がり体温が上がります。また、熱を作り出す筋肉を鍛えることもできますよ。 ④お灸を取り入れる 足のツボである「三陰交(さんいんこう)」や「照海(しょうかい)」、手のツボである「中衝(ちゅうしょう)」や「合谷(ごうこく)」などは低体温にも効果的なツボ。1日5分こちらのツボにお灸をすえるだけで低体温解消に効果が期待できるので、ぜひ取り入れてみてください。 ⇒『温活にはお灸がオススメ!お灸女子で話題のお灸を知ろう』 ☆まとめ☆ 「最近、なんとなく体の調子が悪い」という方は、低体温からくる不定愁訴かもしれません。温活を通じて体の体温を高くすることで、全身の血行が良くなり、冷え症や生理痛などの改善、免疫力アップの効果が期待できますよ。ぜひこの機会に、温活を通じて、体の調子を整えていきましょう! 灸Style掛川本院の『温活体験キャンペーン』 ↑ ↑ ↑ 詳細キャンペーンページはこちらをクリック ↑ ↑ ↑ 当院では整体とお灸、足湯、ジンジャーハーブティを体験できるご新規様向けのトライアルコースを設けています♪ カウンセリングに重点を置き、お灸や整体が初めての方にも安心して受けていただけます。 冷えや冷えからくる肩こりや頭痛、慢性疲労にぜひお試しください! 灸Style掛川本院公式HPはこちら ご質問・お問い合わせはLINEからも可能ですのでお気軽にご相談ください♪ ↓↓↓ お問い合わせはこちらをクリック ↓↓↓ ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-       ~新型コロナウイルス対策について~ 当院では、お客様の安全・安心の為に日頃から衛生管理を徹底しておりますが、 より一層感染予防対策や衛生管理を強化して参ります。 店舗内設備、備品、施術用品・用具の消毒・除菌などの処置を徹底し、

免疫力を高める温活とは?おすすめの温活とNGな行動

什么温暖,以增强免疫力? 推荐的温暖和NG行为

「すぐに風邪を引いてしまう」 「生理痛が重い…」 このような悩みを抱えていませんか? もしかしたら、その原因は「体の冷え」かもしれません。 そんな方におすすめなのが、温活で体温を高めていくこと!今回は、免疫力を高める温活と、してはいけないNGな行動についてご紹介していきます。 温活とは? 温活とは、低くなっている体温を適正温度まで高めるために行うもの。 体温が低い状態だと血管が収縮して、血液の巡りが悪くなりますし、体温が1度下がると免疫力約30%、代謝は約12%落ちるといわれています。 つまり、温活で体温を高めることで血行が良くなって冷え症も改善されるほか、免疫力もアップするので風邪やインフルエンザなどの病気にもなりにくくなります。体温が高くなれば代謝も良くなるので、ダイエット効果やむくみ解消の効果も期待できますよ。 免疫力を高める温活とは? ①お灸を取り入れる 本格的な温活がしたいなら、お灸がおすすめ。体を芯まで温めて、血液の巡りを良くしてくれます。免疫力を高めたいなら「足三里(あしさんり)」、「合谷(ごうごく)」、「外関(がいかん)」の3つのツボにお灸をすえてみてください。それぞれの位置と効果は次の通りです。 ・足三里 膝外側の皿部分の下から、指4本分下に下がったところにあります。 病気の予防や体力増強、むくみの解消、胃腸や膝の痛みを緩和する効果が期待できます。 ・合谷 手の人差し指と親指の骨が合流するところから、人差し指側にあるくぼみ部分です。 風邪や頭痛、のどの痛み、肩こりに効果が期待できるツボです。 ・外関 手のひらを下に向けて、手首と手の甲の境目から指3本分ひじの方へ進んだところにあります。疲労回復や頭痛の改善、自律神経を整える作用があります。 ※こちらの記事も併せてどうぞ⇒『お灸で免疫力アップ』 ②ゆっくりお風呂に浸かる 毎日の入浴も温活に繋げることができます。お湯の温度を38~40℃ほどにして、20分ほど半身浴を行えば、芯まで体を温めることができますよ。入浴剤を使用することでより体の熱が放出しにくくなります。 ③白湯を飲む 白湯とは、水を沸かしたお湯のこと。こちらを飲むことで手軽に温活に繋げることができます。白湯を飲むと胃腸などの内臓を温めて血の巡りを活性化、代謝を高める効果も♪内蔵温度が高まるので免疫力や脂肪燃焼率も高めてくれます。 気を付けたいNGな行動 温活を通じて免疫力を高めたいなら、4℃以下のものを飲食するのは控えましょう。摂り過ぎると内蔵温度が低下してしまいます。 また、寝る直前に入浴をすると返って血行不良に繋がりやすくなるので注意。夜の入浴は就寝90分前にすると、最もリラックス効果を得ることができるので、ぜひ意識してみてください。 まとめ 温活とは体温を高めることですが、その方法はたくさんあります。ご紹介したお灸や入浴、白湯を飲むといった温活は忙しくてもしやすいのでこの機会に心がけてみてください。 温活で体温が上がれば免疫力もつくので、風邪などが引きにくくなります。温活は健康や美容に良い影響を多く与えてくれるので、今日からぜひ行っていきましょう! 灸Style掛川本院の『温活体験キャンペーン』 ↑ ↑ ↑ 詳細キャンペーンページはこちらをクリック ↑ ↑ ↑ 当院では整体とお灸、足湯、ジンジャーハーブティを体験できるご新規様向けのトライアルコースを設けています♪ カウンセリングに重点を置き、お灸や整体が初めての方にも安心して受けていただけます。 冷えや冷えからくる肩こりや頭痛、慢性疲労にぜひお試しください! 灸Style掛川本院公式HPはこちら ご質問・お問い合わせはLINEからも可能ですのでお気軽にご相談ください♪ ↓↓↓ お問い合わせはこちらをクリック

入浴剤を取り入れて温活の効果アップ!日本温活協会推薦の入浴剤とは?

通过吸收浴盐提高热活动的效果! 日本温活协会推荐的沐浴剂是什么?

#温活#入浴剤#日本温活協会#薬用ホットタブ重炭酸湯Classic#灸Style掛川本院 現代人の体温は、ひと昔前と比べると0.5度~1度低くなっているといわれています。体温が低くなると冷え症やむくみを感じたり、免疫力が低下することも…! そんな冷えへの対処法としておすすめなのが「温活」! 温活は、体の基礎体温を高める生活習慣のことで、中でも「入浴」は手軽にできる温活のひとつ。さらに、入浴剤を取り入れることでより温活効果を得ることができますよ!今回の記事で、詳しくご紹介していきます。 温活には入浴がおすすめ 手軽に温活を始めたいなら、おすすめは毎日入浴をすること。 入浴をすることで得られるメリットは次の通りです。 ・温度や浮力、水圧で体をほぐして血行を良くする ・気持ちをリラックスさせる ・免疫力を高める ・老廃物を排出する 体の冷えを取り除くには、シャワーだけでは不十分。しっかり入浴し、体を温めるのが最も温活に効果的です。おすすめは40度~41度ほどのお湯に半身浴すること。ゆっくりと湯船に浸かることで、体を芯まで温めることができますよ。 入浴剤を入れて、より温活効果を高めよう 温活に効果的な入浴ですが、入浴剤を取り入れることでより血行を促進させ、温活効果が高まります。入浴剤でおすすめなのは、日本温活協会推薦の『薬用ホットタブ 重炭酸湯Classic』。 こちらの入浴剤はタブレットタイプになっていて、お湯に溶かすと炭酸ガスが発生し、重炭酸イオンと水素イオンになってお湯に溶ける仕組みになっています。公式サイトでは、41度以下のお湯に入れ、15分ほど入浴する「重炭酸温浴法」を推奨しています。 『薬用ホットタブ 重炭酸湯Classic』は日本温活協会推薦の入浴剤となっています。このような炭酸泉入浴は、古くから温活に効果が期待できるといわれていました。 『薬用ホットタブ 重炭酸湯Classic』はお湯を中性pHにしてくれるので、お湯を頭から被っても問題ありません。香りや色を加えることもせず、肌に優しい入浴剤となっているので、敏感肌の方や小さなお子様がいる方にもおすすめです。 『薬用ホットタブ 重炭酸湯Classic』は足湯や洗顔にもおすすめ こちらのホットタブシリーズは、入浴剤として活用できるだけではなく、足湯や洗顔にも使えます。入浴剤として使用する時は3錠、足湯や洗顔に使用する時は洗面器に1錠溶かして使用してくださいね。 足湯をする時は、くるぶしが浸かるくらいまで足を温めていきましょう。目安の時間は大体15~20分ほど。足湯中に足首を回すと、血の巡りが良くなります。足湯の終わりに冷水をかけると保湿効果が高まるので、ぜひ試してみてください。 ※日頃から疲れやすい方には⇒『~疲れやすい人の体質改善法~タイプ別の体質改善法をご紹介』もご覧ください♪ まとめ 温活に効果的な入浴は、『薬用ホットタブ 重炭酸湯Classic』を取り入れることでより血行を良くし、体全体の状態を整えることができますよ。こちらの入浴剤は日本温活協会推薦のもので、洗顔や足湯など様々な用途で活用できるのも魅力♪ 入浴時に使用する時は、15分を目安に浸かることでより温活効果が得られるので、ぜひ意識してみてくださいね。 灸Style掛川本院の『温活体験キャンペーン』 ↑ ↑ ↑ 詳細キャンペーンページはこちらをクリック ↑ ↑ ↑ 当院では整体とお灸、足湯、ジンジャーハーブティを体験できるご新規様向けのトライアルコースを設けています♪ カウンセリングに重点を置き、お灸や整体が初めての方にも安心して受けていただけます。 冷えや冷えからくる肩こりや頭痛、慢性疲労にぜひお試しください! 灸Style掛川本院公式HPはこちら ご質問・お問い合わせはLINEからも可能ですのでお気軽にご相談ください♪ ↓↓↓ お問い合わせはこちらをクリック ↓↓↓ ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

温活にはお灸がオススメ!お灸女子で話題のお灸を知ろう

温活にはお灸がオススメ!お灸女子で話題のお灸を知ろう

#温活#お灸#温活にお灸#灸Style掛川本院#掛川温活 「つま先がいつも冷えてしまう」、「肩こりや頭痛がつらい」 このように感じることが多い女性は、慢性的に体が冷えているのかもしれません。 そんな女性にオススメなのが「温活」♪お灸で体を芯まで温めることで、冷え症を解消し、健康や美容に良い効果が期待できますよ!今回は、お灸女子必見の、温活に繋がるお灸をご紹介します。 「冷え」が体に与える影響 男性に比べて女性は筋肉量が少なく、ホルモンバランスの影響を受けやすいため冷えを感じやすいといわれています。体が慢性的に冷えると、内臓の働きが悪くなり、免疫力が下がってしまいます。そのため、だるさや下痢、肩こり、生理不順、頭痛だけではなく、風邪や感染症にもかかりやすくなってしまうのです。 「ただ、ちょっと体が冷えているだけ」と冷え症を甘く見ていると、そこから様々な不調に繋がることも多いので、日頃から体を冷やさないようにケアをしていくことが大切です♪ 温活にはお灸がオススメ! 冷え症対策にオススメなのが「温活」!中でも「お灸」は女性が家でも手軽に始めることができるので、冷え症で悩んでいる女性はぜひこの機会に「お灸女子」を目指してみてはいかがでしょうか? お灸は約3000年間に中国で生まれた民間療法です。ヨモギの葉の裏にある白い綿毛を精製した「もぐさ」を原料としたもので、体をお灸で温めると皮膚の下の筋肉や血管、リンパを刺激し、血行が良くしてくれます。 また、原料のもぐさには「シネオール」という精油成分も含まれています。これは殺菌や鎮静、鎮痛作用があるもので、お灸をすることで成分皮膚に浸透して痛みを和らげる効果も期待できます。もぐさは香りも良いので、リラックスしたい時にもお灸はオススメなんですよ★ お灸女子にピッタリのお灸とは? 近年は、「お灸女子」としてお灸を温活に取り入れる女性も増えてきています。「お灸」と聞くと敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、自宅ですることもできるので、ぜひこの機会に始めてみてください。 お灸女子の温活にオススメなツボは次の3つです。 ①関元(かんげん) おへそから指4本下あたりに位置しているツボで、冷えに効果が期待できます。 ②腰陽関(こしようかん) 腰骨の際に両手親指を当てて背骨に向かって動かしていきましょう。両手の親指と背骨が当たる部分で、背骨と背骨の間が凹んでいるツボが「腰陽関」です。下肢の冷え性や骨盤のゆがみ、腰痛に効果が期待できます。 ③三陰交(さんいんこう) 三陰交は足の内くるぶしの骨から指4本上にあるツボで、消化器や肝臓、腎臓をはじめ女性特有の症状に効果が期待できます。 どれも、女性が感じやすい冷えをはじめとした症状を和らげてくれるので、ぜひチェックしてみてください。 ※お灸が初めてで不安な方は⇒ お灸って熱い?火傷しない?鍼灸師が解説!もご覧ください まとめ 体が冷えると、代謝機能や免疫力が下がってしまいます。男性よりも体が冷えやすい女性は、日頃から温活などを通じて冷え症対策をおこなうことが大切です。 ご紹介したツボへのお灸はより冷えにも効果が期待できますよ♪ぜひこの機会にお灸女子として試してみてくださいね。 灸Style掛川本院の『温活体験キャンペーン』 当院では整体とお灸、足湯、ジンジャーハーブティを体験できるご新規様向けのトライアルコースを設けています♪ カウンセリングに重点を置き、お灸や整体が初めての方にも安心して受けていただけます。 冷えや冷えからくる肩こりや頭痛、慢性疲労にぜひお試しください! 灸Style掛川本院公式HPはこちら ご質問・お問い合わせはLINEからも可能ですのでお気軽にご相談ください♪ ↓↓↓ お問い合わせはこちらをクリック ↓↓↓ ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-       ~新型コロナウイルス対策について~ 当院では、お客様の安全・安心の為に日頃から衛生管理を徹底しておりますが、 より一層感染予防対策や衛生管理を強化して参ります。 店舗内設備、備品、施術用品・用具の消毒・除菌などの処置を徹底し、

第一次访问者预订和查询
顶部博客